公務員、上場会社退職者、勤務医の相続の特徴

相続財産の構成は、ほとんどが預貯金や生命保険や株式です。
また、財産を相続人ごとに分けて管理している方が多い傾向があります。

税理士との関係が少ないことで、税金の問題を抱えていることに気付かないことがよくあるようです。
相続が発生して初めて、この財産も課税されるの?と課税されることに驚き、こんなに課税されるの?と税額にも驚き、驚きの連続が多く見受けられます。

そもそも、毎年の所得税・住民税が高額になっていることにすら気づいていない方もいるでしょう。
上記の方々の事前に課税されることを知っていれば、節税はいくらでもできます


今回は、相続税の課税について説明します。
相続税は、亡くなった方の財産合計が基礎控除額を超えたときに、その超えた部分に10%~55%の税率で課税されます。

相続税の改正


基礎控除額は、現在の税率では、1,000万円×法定相続人の数+5,000万円です。
相続人1人の場合、1,000万円×1人+5,000万円=6,000万円です。
6,000万円と聞くと、ん?と思われるかもしれません。

それが2015年からは、600万円×法定相続人の数+3,000万円です。
相続人1人の場合、600万円×1人+3,000万円=3,600万円です。

3,600万円となると、持ち家をお持ちだったり、株をお持ちの方などではすぐに対象となります。
課税されそうな気がしますよね?


ずばり、生前贈与です。
財産構成のほとんどが預貯金や生命保険の場合、生前贈与が一番、低コストな節税対策です。
生前贈与のリスクと注意点についても、ご相談頂いた皆様にはご提案させて頂いております。

相続税が課税されるとき、どうするか?今やれることは?

 

※ご近所に公務員、上場会社退職者、勤務医の方がいらっしゃったら、ぜひ教えてあげだてください。



仙台相続サポートセンターでは相続相談会を実施しております!

毎日多くの方々から相続について
ご相談をいただいております。
遺言書の作成から、相続手続き、
名義変更や相続税申告に関すること
など、
お困りのことがございましたら何でもご相談下さい。
税理士がお答え致します!

仙台を中心に宮城県、山形県、福島県、岩手県
皆様のお役に立てれば幸いです。


 ※フリーダイヤルがつながらないときは、022-714-6134までお電話くださ%E