仙台の相続税申告・遺産相続・遺言なら仙台相続サポートセンター 宮城、山形、岩手、福島からの相談も受付中

仙台行政書士事務所 日本みらい税理士法人

お得とウワサの「ふるさと納税」、ご存知ですか?

2015/03/08

最近テレビや雑誌などで多く取り上げられている「ふるさと納税」。
お得だとは聞きますが、実際にどうお得なのでしょうか?
まずは総務省のサイトを参考に、2014年度までの概要をご紹介したいと思います。

○ふるさと納税の手続き 手順○

①A村役場へ寄附・・「ふるさとチョイス」や、

各自治体のホームページから寄附を求める自治体や事業の情報を集め、寄附したい自治体や
事業(使い道)を選び、申し込む。(
複数可)

特産品が頂ける場合もあるので、各自治体のサイトをご覧ください。

②受領書が届く・・・(特産品が頂ける場合は特産品も届く。) ☜お得

③翌年に受領書を添付の上、確定申告をする。   
④寄附をした年の所得税額から還付。 ☜お得
⑤寄附をした翌年度の個人住民税が減額。 ☜お得



■社会貢献が出来て節税になり、その上、特産品が頂ける可能性も!

「ふるさと納税」とは、居住地以外の自治体に寄附ができる制度。
寄附先は、生まれ故郷だけに限らず、複数の自治体に寄附することも可能です。
寄附金額のうち2,000円を超える分は、確定申告をすることにより、税金の還付、
または控除が受けられる仕組みです。 
(※上限額有 参考サイト→ http://www.soumu.go.jp/main_content/000254926.pdf)
しかも寄附のお礼として、特産品を送って下さる自治体も多いそうです♪♪

 
ここまでは、2014年度までの概要をご紹介してきましたが、
「まあ・・・良さそうだけれど、でも・・・わざわざ手続きしてまで、お得なの?」
と感じられる方も多いと思います。
ですが、法案の原案となる「平成27年度税制改革大綱」が発表され、
2015年度からは制度が改正される見込みが出てきました。
改正されれば、更にお得に使いやすくなるようです。

◆2015年度からは、確定申告をしなくても良い・・・?
「平成27年度税制改革大綱」によると、2014年度に支払ったふるさと納税については
確定申告が必須ですが、2015年度からは、「ある条件」を満たす場合には確定申告が不要に!
その制度こそが「ふるさと納税ワンストップ特例制度」。改正されれば2015「年度」、
すなわち2015年4月1日からスタートとなるようです。

「ある条件」とは・・・?(下記3件すべてに該当する場合)
①2015年1月1日から3月31日(2014年度)までにふるさと納税をしていない人。
②元々確定申告をする必要がない人。*一般的なサラリーマン等が該当します。
③ふるさと納税の納付先が5つまでの人。

◆控除の限度額を2割に引き上げる?
改正されれば、控除(個人住民税所得割額)の限度額が現行の1割から2割に。


 ㊟この法案は、あくまでも原案なので、これから微調整が入ることがあり、
 正式には法施行時点(3月末)になるまでは確定されません。
 国会審議次第では、内容の変更がある場合もあります。

「平成27年度税制改革大綱」 については、下記のサイトでご覧いただけます。
http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/news/policy/126806_1.pdf (P.30~40)
 
上記の原案が通ることを願いつつ・・・


全国の特産品☆ ふるさとチョイス内のランキングをご紹介♪

図1.png

1位 前回2位の玄海町が今回は1位!
   人気の黒毛和牛のほかに、この季節は大粒のいちご「さがほのか」が
   おすすめです。
   このほかにも魚や加工食品など、さまざまなお礼の品があります。


2位 ウチワエビやサザエの入る「平戸瀬戸物語」や、旬の地魚の詰め合わせ、
   干物のセットなど海の幸が人気の平戸市。
   この新鮮な素材を使った、かまぼこ
や、ちくわなどの加工食品もおすすめです。

3位 
なんと、お礼の品にパソコンが登場!ニュースでも話題になった飯山市。
   市内の工場で製造されているノート
PCやデスクトップ、ディスプレイなど
   があります。


                      
ふるさと納税ポータルサイトより転用



  「ふるさと納税」・・・ご興味を持って頂ければ幸いです。

 是非「ふるさと納税」と入力して様々なサイトをご覧下さい。
 たくさん税金を納めている人ほどお得だそうです!

事務所移転のお知らせ

2014/10/31

 朝夕冷え込む季節になりましたが、お元気にお過ごしでしょうか。 

 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申しあげます。

 さて、この度、弊社は平成26年11月7日(金)より、サービス業務のより一層の
 充実・強化を図るために、
事務所を下記の住所に移転することになりました。 

 そのため、11月5日(水)・6日(木)につきましては、引っ越し作業の為、
 固定電話が繋がらない状態となります。
 大変ご不便をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。

 新しい拠点において、社員一同、お客様のニーズにいち早く応えられるよう、
 より一層のサービス向上に努めてまいります。

 今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
 
 お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。
  

     【新住所】
         〒980-0811
         宮城県仙台市青葉区一番町2丁目8番10号 
         あいおいニッセイ同和損保 仙台一番町ビル3階
  
         TEL 022-714-6131 (代表)
         FAX 022-227-3797       
         ※ 電話・FAXに変更はございません。

      
     新事務所 所在地.PNG



【みらい創研グループ】

□株式会社みらい創研
 不動産部
 仙台経理代行センター
 仙台経理事務代行サービス

□仙台創業・経営サポートセンター
□特定非営利活動法人みらい
□仙台・盛岡会社設立サポートセンター

□日本みらい税理士法人
 仙台税務調査サポートセンター

□仙台行政書士事務所
 仙台相続サポートセンター

□仙台社会保険労務士法人
 仙台助成金.com
  仙台障害年金相談センター

  






大日如来 例大祭

2014/07/14

今年もまた大日如来の例大祭がやってきます!!

図1.jpg

今年は7月20日(土)
21日(日)の2日間!!
 
昨年、大好評だったプニョ玉すくい、もちろんやりますよー!!

他にも子供服や日用品などのバザーも出店致します。  

お時間がございましたら、ご家族連れでぜひお越しくださいね。

社員一同、こころよりお待ちしております!!
 

税務調査が入られにくい決算月があるって本当?

2014/05/28

税務調査が入られにくい月が実際あるとしたら、皆さんは決算月を変更しようとお考えですか?

今回は、そんなウソのような本当のお話をさせていただきます。

通常のお役所の事業年度は、ご存じの通り4月から3月というのが一般的ですよね。
しかし、税務署の事務事業年度は、7月から6月という事業年度となっています。
(7月に異動があります。)そのため、上期が7月から12月、下期が1月から6月となります。

一般的に、上期(7月~12月)に税務調査が行われる調査対象決算法人は2月から5月決算法人であり、下期(1月~6月)に税務調査が行われる調査対象決算法人は6月から1月決算法人と言われております。

実際、4月末現在、弊社で調査があるお客様の決算月は5件とも上記の通りとなっています。(イレギュラーな場合も当然ありますが。。。)

上期に調査に行きたいと税務署職員が考えた場合は、7月中旬から下旬にかけて、下期に調査に行きたいと考えた場合は、1月から2月にかけてまとめて調査対象会社を選択しているそうです。

・・・そうすると、勘が鋭い方は何となくご理解いただけるのではないでしょうか?

そうです。下期には個人の確定申告がありまして、税務署職員も総出で確定申告業務に振り回されます。

個人の確定申告が終了するのは3月中旬。そうしますと法人の税務調査をして、結果を出すまでの期間がどうしても、上期より下期の方が短くなるのです。

つまり税務調査が入られにくい決算月は、下期(1月から6月)の決算法人ということになるのです。(統計上も少ない件数となっています。)

この話を読んでいただき、決算月を変更したいと感じていただいたお客様。

ぜひぜひ、担当者にお声掛けください。

                          日本みらい税理士法人  大沼 広明





--------------------

みらい創研グループ
日本みらい税理士法人

仙台相続 サポートセンター(日本みらい税理士法人・仙台行政書士事務所)

仙台相続税 サポートセンター(日本みらい税理士法人・仙台行政書士事務所)

仙台・盛岡会社設立サポートセンター(日本みらい税理士法人・仙台行政書士事務所)

仙台会社設立・決算サポートセンター(日本みらい税理士法人・仙台行政書士事務所)

仙台創業・経営サポートセンター(日本みらい税理士法人)

仙台賃貸Life(株式会社みらい創研)

仙台助成金.com(仙台社会保険労務士事務所)
⇒ www.sendai-joseikin.com/ 

相続税増税!! 平成27年~

2013/10/01

公務員、上場会社退職者、勤務医 必見!
 
相続税なんて関係ない。
財産はないから。
 
と、思っている方は、たくさんいらっしゃるようです。
 
上記の方は、そんなのん気なことが言えなくなりました。
概ね、上記に列挙した方々は相続税の課税対象になりやすい傾向があります。
 
もともと、税理士との関係が少ないことで、税金の問題を抱えていることに
気付かないことがよくあるようです。
そもそも、毎年の所得税・住民税が高額になっていることにすら
気づいていない方もいるでしょう。
 
上記の方々の相続財産の構成は、ほとんどが預貯金や生命保険です。
事前に課税されることを知っていれば、節税はいくらでもできます。
 
今回は、相続税の課税について説明します。
 
相続税は、亡くなった方の財産合計が基礎控除額を超えたときに、
その超えた部分に10%~55%の税率で課税されます。
 
基礎控除額は、600万円×法定相続人の数+3,000万円です。
相続人1人の場合、600万円×1人+3,000万円=3,600万円です。
 
3,600万円と聞くと、ん?と思われるかもしれません。
課税されそうな気がしますよね?
 
相続税が課税されるとき、どうするか?今やれることは?

 
生前贈与です。


財産構成のほとんどが預貯金や生命保険の場合、
生前贈与が一番、低コストな節税対策です。
 
ご近所に公務員、上場会社退職者、勤務医の方がいらっしゃったら、
ぜひ教えてあげてください。
 
 
次回は、生前贈与のリスクと注意点をご紹介します。
 

                              仙台相続サポートセンター 佐藤智春



-------------------------------------------------


仙台相続サポートセンターでは、

相続手続や相続税申告でお悩みの方、

遺言書作成や生前贈与をお考えの方のために

専門家による無料相談(事前予約制)
を実施しております。
 
ご相談・お問合せは 0120-957-339 まで
 
→詳しい流れはこちらです。 

お気軽に、お電話くださいませ!お待ちしております!




 

プロフィール

上向き表情良し.jpg  相続に関する皆様のお悩みと不安を取り除き、皆様に安心していただくために、私ども専門家がしっかりサポートさせていただきます。
私どもに安心してお任せください。
仙台相続サポートセンター
スタッフ一同
<<2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリーアーカイブ

仙台相続サポートセンター 仙台行政書士事務所 日本みらい税理士法人

このブログを購読

copyright(C) 2010 仙台行政書士事務所・日本みらい税理士法人 All Rights Reserved.