仙台で相続や遺言の無料相談なら充実の体制と安心の料金の当事務所へ 運営:仙台行政書士法人 日本みらい税理士法人

相続手続き
専門サイト

  • 仙台駅から徒歩10分 藤崎から徒歩3分
  • 面談予約はこちら

0120-957-339

つながらない場合は022-714-6134まで

相続相談ご予約 受付時間:9時〜18時(平日)

みなし相続財産とは

ここでは、相続税課税の対象となる「みなし相続財産」についてご説明します。

「みなし相続財産」とは、相続人が不動産や預貯金を直接相続していなくても、
間接的に財産を取得したときは、実質的に「相続した」とみなされるものをいいます。

ですから、相続した財産と同様に、みなし相続財産には相続税が課税されます

みなし相続財産とされるもの

税法上、みなし相続財産とされるのは、以下のものがあります。

1.死亡保険金・死亡退職金
被相続人の死亡によって保険会社から、支払われる死亡保険金や勤務先から支払われる退職金、功労金には、相続税が課税されます。
ただし、両方とも一定の非課税枠が設けられています。

2.信託受益権
遺産を信託銀行などに預けて、管理、運用を任せることを”信託”といいます。
遺言によって信託があったとき、信託を委託した人以外の人が信託からの利益を受ける場合に相続税が課税されます。

3.低額の譲り受け
遺言によって、本来の時価よりかなり低い価格で財産を取得したときは、時価と売買価格の差額に対して、相続税が課税されます。
亡くなった父が、遺言で子供に時価8,000万円の土地を3,000万円で売却した場合などがこれにあたります。

4.債務の免除
遺言によって、借金を肩代わりしてもらったり帳消しにしてもらったときは、その金額に対して相続税が課税されます。

5.定期金
生保の個人年金や郵便局の年金など、被相続人が掛金を支払っていて、年金の受取人が被相続人以外の年金もみなし相続財産となります。
たとえ、相続開始したときに年金の給付がされていなくても、相続税が課税されます。
その他、適格退職年金で、保障期間中に年金の給付のあるものは、被相続人が掛金を支払っていなくても同様に課税されます。

 

詳しい情報はこちら!

相続人調査と法定相続

法定相続

法定相続のよくある質問

相続財産とは

みなし相続財産とは

 

この記事を担当した税理士

仙台行政書士法人 日本みらい税理士法人

大沼 広明

保有資格

税理士 宅建士

専門分野

創業支援業務、相続生前対策

経歴

1992年 東北学院大学経営学部商科卒業後、有限会社佐藤コンピュータ―会計事務所(現 株式会社みらい創研)入社
2001年 税理士登録(相続税法科目合格保有)
みらい創研グループ立ち上げメンバーとして資産税部門立ち上げにも携わる。


サポート料金
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-957-339

相続のご相談は当事務所にお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続人調査サポート
  • 不動産相続サポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • どの様に相続…

    不安は解消され一つ一つの質問に解答を頂き、説明もして下さりとても助かりました。

  • 精神的に追い…

    いろんな手続きがあり、人に聞いたり書物を読んだりしましたが、なかなか理解ができなく相談するのにも誰に相談をしたらよいのか迷っていました

  • 相続手続きは…

    まずは気軽に無料相談を受け、ご家族と相談の上、サポートを受けるのか否かと決めることが大事。

  • 本当に1から…

    相続等の悩みは、ほとんどの方が初めてで、見聞きする言葉も難しく、その言葉を見るだけで疲れてしまいます。

お客様アンケート一覧についてはこちら
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP