• 仙台駅から徒歩10分 藤崎から徒歩3分
  • 面談予約はこちら

0120-957-339

つながらない場合は022-714-6134まで

相続相談ご予約 受付時間:9時〜18時(平日)

父親が亡くなりました。生前に贈与を受けてまし たが、その証拠の贈与契約書があります。 何か、問題になることはありませんよね。

お客様からのご相談内容

父親が亡くなりました。生前に贈与を受けてましたが、その証拠の贈与契約書があります。
何か、問題になることはありませんよね。

ご提案

もちろんあったほうがいいですが、
契約書があればいいというものではありません!

解説

その契約書10年分を拝見させて頂いたところ、作成年月日や金額は全て変えていたりして、一見ちゃんと作成しているように見えます。
が、私たちの判断では、実は同じ日に全部作成された!という判断になりました。
なぜばれたのかというと、それは筆圧です。
10年間も同じボールペンで同じ筆圧で名前は書けませんよね。
きっと保険会社さんからアドバイスを受けていたんだと思いますが、結局のところ、贈与の意思であった信憑性はなく、
この契約はないものと判断いたします。
生前贈与は、簡単なようで難しいんです。
生前贈与のポイントは「管理の権限」と「支配の権限」を受贈者(贈与を受ける側)に移転することです。
確実性が高いのは普段使いの通帳に振り込みすることです。これは、使っている証拠を残す意味合いがあります。
その他にも、贈与については、様々な注意事項がありますので、安易に贈与を行う前に相談してください。
相続がおこってしまった場合には、「贈与」・「名義預金」・「貸付金」の判定が大事な論点となりますので、
しっかりと判断ができる税理士への相談が必要になります。

相続・遺言の無料相談受付中!

0120-957-339

相続のご相談は当事務所にお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続人調査サポート
  • 不動産相続サポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 相続手続き⑭

  • 相続手続き⑬

  • 相続手続き⑫

  • 相続手続き⑪

お客様アンケート一覧についてはこちら
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP