• 仙台駅から徒歩10分 藤崎から徒歩3分
  • 面談予約はこちら

0120-957-339

つながらない場合は022-714-6134まで

相続相談ご予約 受付時間:9時〜18時(平日)

住宅ローンの繰上げ返済をしない方が相続税対策になる。

【事例】
父は、公務員でした。 現職を早期退職し、退職金を住宅ローンの繰上げ返済に充てていました。 子供に借金を残したくない。という親心だったようです。

【税理士の気持ち】
うれしい親心ですね。 税理士からすれば、なぜ繰り上げ返済してしまったの? もったいない。 と、思うのです。(思っていても言えませんが)

【解説】
繰上げ返済するくらいの余力の預金があるならば、 その預金は、子供や配偶者に贈与する。 子供や配偶者は、いずれ我が身に振りかぶってくる住宅ローンの 返済のために贈与された預金を貯蓄する。 (名義預金にならないように注意が必要です。) 子供や配偶者は、相続により住宅ローンを引き継いだときに、繰り上げ返済する。 この場合、父に相続が起きたときは、住宅ローンの残高は、財産から控除できます。 さらに、預金の贈与をしているため、預金残高も減っています。 財産も減り、住宅ローンの控除もあり、相続税は下がるのです。 どうでしょうか。 繰上げ返済をしない方が良い意味は伝わりましたでしょうか。 もし、父が亡くなったときに、住宅ローンを完済しているとき、 又は団体信用保険により住宅ローンが完済されるときは、 子供や配偶者は、その貯蓄していた預金を別なことに利用すれば 良いのです。 さらには、住宅ローンの繰り上げ返済の検討時期は、 生前贈与や相続について考える良い機会でもあります。 相続人としてこのコラムを読んだのならば、 このような機会を利用して相続の話をできると良いと思います。

佐藤智春

相続のご相談は当事務所にお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続人調査サポート
  • 不動産相続サポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 相続手続き⑪

  • 相続手続き⑩

    どんな時も冷静で丁寧な応対と言葉使い、そして折々にしめして下さった依頼者である私へのお気遣いに感謝いたします。

  • 相続手続き⑨

    ありがとうございました。機会が有れば又、相談したいと思います。

  • 相続手続き⑧

    ありがとうございました。 機会があれば又相談したいと思います。

お客様アンケート一覧についてはこちら
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP