• 仙台駅から徒歩10分 藤崎から徒歩3分
  • 面談予約はこちら

0120-957-339

つながらない場合は022-714-6134まで

相続相談ご予約 受付時間:9時〜18時(平日)

不動産相続サポート

不動産相続サポートはこんな方にお勧めです!

・主な相続財産が不動産だけの方
・不動産の手続きのみにしぼり、報酬を節約したい方
・仕事をしていて平日に役所や法務局へ行けない方

不動産の相続登記をせずに放置する問題点

こんなお悩みありませんか?

遺産分割協議をして不動産を相続することになった、登記の名義変更は面倒、、、 
不動産を相続しても登記は義務ではない?登記せずに放置していてもいいものか?
名義書換の登記をするとお金がかかるので、しばらく父の名前にしておこう。

不動産を相続しても上記のように名義変更をしていない方が多く見受けられます。しかしその場合、大きなトラブルにつながる可能性があるので、早めの名義変更をお勧めしております。

不動産登記は法的な義務ではない

不動産の所有者は「登記」によって公示されています。不動産の所有者が代わったとき「名義変更」は法的な義務ではありません。

前の名義人のまま登記を放置していても罰則はありません。
所有権移転登記に期限もありません。

そうなると、相続したときにわざわざ相続登記をしなくても、不利益はないようにも思えます。

不動産の登記を放置するデメリットやリスク

しかし、相続したときに不動産の名義変更をしないと、以下のようなトラブルが起こります。

①他の相続人が勝手に売却

あなたの知らない間に勝手に不動産の共有登記をされて、相続人の見かけ上の「持分」に相当する土地の一部が売られてしまったり、その部分に抵当権を設定されたりする恐れがあります。

②再び相続が起こったときに混乱

ご自身が亡くなって再び相続が起こったとき、登記をしていないとより登記手続が複雑になります。例えばご自身が亡くなりお子さん相続したとします。その場合、お子さん達はまず「土地が誰のものか」というところから調べないといけません。子ども達の名義にするためには、祖父名義のままですので2重に相続登記をしないといけません。

また、相続登記の資料についても、役所で発行してもらう書類には保存期間があり、何十年と放置していると書類の保存期間が満了になり、発行が出来ない場合もあります。このような場合、お子さん達が名義変更を諦めてしまい、「名義がわからない不動産」として放置されてしまう結果になる事が多々あります。

上記のように不動産の相続登記を放置していると、デメリットやリスクが発生してしまいます。そのようなことにならないようにしっかりとした相続手続を行いましょう。

相続を放置していた場合の注意点

不動産相続サポートとは

相続に関する手続は、戸籍の収集や相続人調査、預金口座・有価証券・不動産の名義変更、保険金の請求、年金手続など多岐にわたります。

不動産相続サポートとは、この様々な相続手続の中でも不動産(土地や建物)に関する相続手続を代行するサービスです。

この手続を怠ると、その土地や財産の所有権を主張することができません。

しかし、この登記手続には義務がなく、明確な期限が定まっていないために、放置をしてしまう方がいらっしゃいます。その他にも様々な誤解によって放置してしまう方もいらっしゃいます。

また、戸籍収集等は書類が多く、全てを集めるには相当な労力が必要な上に、収集時に少しでも不備があると、もう一度やり直す必要が出てきます。

相続財産が不動産のみで、報酬を節約したいという方にオススメのサポートです。

相続手続きお解決事例

・被相続人の不動産の名義変更を行いたいが、相続人に外国在住者がいるケース

・被相続人の銀行解約、不動産の名義変更及び売却し、解約金と売却金を相続人へ分配したケース

その他の解決事例について詳しくはこちら>>>

不動産相続手続きの失敗事例

登記申請をお願いしたら、必要書類は、全て自分で集めることが前提だった。必要書類を集めるのに、慣れない作業が多く、大変だった。次回は全て手続きしてくれるところに依頼しようと思った。
遺産分割協議書を作成したが、地番ではなく、住所を記入していたため、再作成することになった。
不動産登記申請をしたところ、数年後、自宅前の道路を名義変更していないことが判明し、再度手続きを行った。委託費用が2倍かかった。
登記申請をしたところ、後日、自宅から離れた用水路や山の名義変更がされていないことが判明し、再度手続きを行った。先祖代々引き継いできたようだが、自分の代で止まるところだった。
共有の道路や用水路を名義変更していなかったため、自宅を売却したときに、その共有地だけの所有権が残ってしまった。贈与しようとしたが、相手方が受け付けてくれなかった。整備費用の負担だけが残った。
いらない土地なので、不動産登記を放置していた。後日、道路の計画が持ち上がり買い取りの対象地となった。売却しようとしたら、名義は、祖父母や祖父母の兄弟の名義になっていたため、名義変更に半年かかった。

その他の失敗事例について詳しくこちら>>

当事務所が選ばれる理由

不動産相続サポートをご依頼いただくメリット

① 相続手続丸ごと代行サポートよりもリーズナブル!

不動産の相続手続のみを実施いたしますので、相続手続業務の一括依頼となる丸ごと代行サポートよりもリーズナブルな報酬で対応可能です。

報酬を節約したい方にお勧めです。

料金表はこちら>>>

② 主な相続手続は全て代行!

相続手続に必要な戸籍収集から不動産の名義変更まで専門家が全て代行いたしますので、お客様に手間はかかりません。

当センターがお客様の窓口となり手続を実施致します。

不動産以外にも預金、株などの手続を依頼したい方はこちら>>

不動産相続サポートの費用

こんな方におすすめです!

不動産相続サポートとは、この様々な相続手続の中でも不動産(土地や建物)に関する相続手続を代行するサービスです。

・主な相続財産が不動産だけの方
・不動産の手続きのみにしぼり、報酬を節約したい方
・仕事をしていて平日に役所や法務局へ行けない方

サポート サポート料金
不動産相続サポート 95,000円~

※ 不動産の名義変更は提携司法書士にて対応いたします。司法書士の手数料は別途発生いたします。

料金表はこちら>>>

不動産相続のよくあるご質問とは?

この記事を担当した税理士

仙台行政書士法人 日本みらい税理士法人

所長

佐藤智春

保有資格

税理士 行政書士

専門分野

相続税 贈与税 譲渡所得 事業承継 黒字解散

経歴

2007年税理士登録 資産税を中心とした税理士として活動開始。
2009年から仙台相続サポートセンターを開設。現在は、年間81件の相続税申告を担当する。書面添付制度を活用した申告を得意としており、税務調査率は0%に近い。生前対策は、贈与や遺言を主軸とした一般家庭・公務員家庭・中小零細企業の経営者向けの対策を得意とする。
セミナーや個別相談会は、分かりやすいと定評を頂き、葬儀、金融、不動産に関わる各方面からの共催依頼があり、年間20件~30件を実施している。


サポート料金
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-957-339

相続のご相談は当事務所にお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続人調査サポート
  • 不動産相続サポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 相続手続き㉕

    すべて初めての経験でしたが、素人の私達でも理解できる様に、親切丁寧に説明して頂き、不安は 解消しました。

  • 相続手続き㉔

    無料相談の時から、じっくりと話を聞いていただき、安心感をもつことができました。 真っ暗やみの中に光を見た気持ちでした。費用面でも他の事務所に比べても良心的と感じました。

  • 相続手続き㉓

    何度か打ち合わせを重ねていく中でコミュニケーションも取れ、お互いの信頼関係を構築できた頃から上記のような不安は無くなりました。

  • 相続手続き㉒

    コロナ渦で大変なときに、お世話になり、ありがとうございました。私のまわりで、相続とかで困っている人がいたら、この情報を是非教えてあげたいです。

お客様アンケート一覧についてはこちら
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP