• 仙台駅から徒歩10分 藤崎から徒歩3分
  • 面談予約はこちら

0120-957-339

つながらない場合は022-714-6134まで

相続相談ご予約 受付時間:9時〜18時(平日)

法定相続とは

ここでは、相続で最も重要となる法定相続についてご説明します。

法律では相続人と相続分について次のように決めています。

法定相続人

法定相続人とは、被相続人(=相続される人)が亡くなったときに、相続する権利がある人をいいます。
この権利は、民法で定められていて、以下の人が法定相続人になることができます。

1. 配偶者(夫からみれば妻、妻からみれば夫)

常に相続人になります。
ただし、婚姻関係のない内縁の妻や、愛人には相続権がありません。

2. 子供(=実子)、養子、胎児、あるいは孫、ひ孫

これらの人を直系卑属(ひぞく)といいます。民法では、子供、養子が何人いても、全て法定相続人とみなします。

3. 父と母、あるいは、祖父母

直系卑属が誰もいないときに、相続人になることができます。
父と母がいないときは、祖父母が相続人になり、これらの人を直系尊属といいます。

4. 兄弟姉妹、あるいはその子供

被相続人の直系卑属や直系尊属が、誰もいないときにはじめて相続人となることができます。
以上が法定相続人となることができる人です。

法定相続分

「法定相続分」とは、民法が定めた遺産の分け方の目安の事です。
法定相続分は、民法上一つの分け方の目安なので、相続人が全員納得すれば、取り分は自由に決めることができます。

法定相続人の順位または割合

1 子と配偶者    子=二分の一 配偶者=二分の一
2 配偶者と直系尊属 配偶者=三分の二 直系尊属=三分の一 
3 配偶者と兄弟姉妹 配偶者=四分の三 兄弟姉妹=四分の一

詳しい情報はこちら!

相続人調査と法定相続

法定相続

法定相続のよくある質問

相続財産とは

みなし相続財産とは

 

相続・遺言の無料相談受付中!

0120-957-339

相続のご相談は当事務所にお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

  • 相続人調査サポート
  • 不動産相続サポート
  • 相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

  • 遺言書作成サポート
  • 生前贈与手続きサポート
  • 家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 相続手続き⑭

  • 相続手続き⑬

  • 相続手続き⑫

  • 相続手続き⑪

お客様アンケート一覧についてはこちら
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP